SUPER BEAVER official blog
日常の混沌をかき鳴らす平均年齢弱冠二十歳のエモーショナルヒューマンロックバンド、SUPER BEAVER。
2004年10月結成。2007年3月に下北沢CLUB251にてワンマンを敢行。まだ、正式な音源の発売もない中、見事チケットをソールドアウトさせる。2007年12月に待望の初音源となる1st.ミニアルバム「日常」をリリースし、レコ発として2008年2月に下北沢CLUB251でワンマンを敢行。前回のワンマンを上回る300人以上の動員を記録し、大盛況のうちに終える。2008年8月6日に待望のSg.「リセット」をタワーレコード、タハラ限定にてリリース。タワーレコード渋谷店、新宿店を中心に売り切れ店が続出する等、話題をかっさらう中、初の全国ツアーを敢行!ツアーファイナルには下北沢CLUB251にて3度目のワンマンを大成功に納める。2ndミニアルバム「心景」が11月5日に発売!それと同時に2度目の全国ツアー「全国スーパーフィーバーツアー!!vol.2」を敢行!ツアーファイナルとして2月21日にO-WESTのワンマンライブが決定している。




RELEASE INFORMATION
SUPER BEAVER
1st. Sg.
【 リセット 】

rpc-026 ¥100
2008.8.6 (wed) release
※タワーレコード、
タハラ限定販売
収録曲
1. リセット
2. 2ndミニアルバム
「心景」ダイジェスト
本屋へ
本が欲しくて本屋へむかう。

今更だけど、宮本輝の『泥の河』
あとはカバーがリニューアルされた機会にと、大沢在昌の『新宿鮫』
あと何冊か。

宮本輝の他の作品は外国へ旅立つ友達に送った事がある。何故かこの作品を読んでなかったのでワクワク。
ハードボイルドを読むなら花村萬月、と勝手に手をつけていなかったので大沢在昌はドキドキ。

本もCDもレコードも映画も欲しいものが尽きなくて良い、あれもこれもと思えるこの感じは良い。

見てみたい聞いてみたい読んでみたい。
いい感情だ!

パルプフィクションでも見ながら寝よう。 渋谷龍太でした(お腹減った)
[PR]
by emm_super | 2008-11-09 02:51